読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デスマらなければ楽しくないよ☆(仮)

2週間ほど前から「書きたい」気持ちが高まってきたので、今日の出張の帰りに飛行機の中で1時間ほど書きなぐってみました。

書いてみて分かったこと。

 

  • ストーリ展開を全然考えていない
  • 主人公「菜摘子」のキャラが定まっていない
  • 描写力がない。特に主人公のモノローグと心理描写が書き分けられない
  • 文体が定まらない

 

ちょっと勉強の余地ありですね。

 

出直します...

 


 

「きゃはうけるー☆」

 

菜摘子の大きな声が部室中に響いた。ノートPCをのぞき込んでいる1年生がこわごわと顔を上げ、なにも見なかったかのように、ノートPCに顔を落とす。

 

「先輩、また電気止められちゃったんですか。2度目・・・ん?3度目ですよね」

「菜摘子に頼まれた開発やってたけど、いきなり電気とめられちゃって、そのうち充電切れちゃうし・・・」

「だから、ソースがGitに上げられてなかったんですね。きっと先輩のことだから、開発しないで2次元キャラばっかみてたんじゃないかなあって」

「そんなことない。ちゃんと菜摘子に頼まれた開発やってたけど、電気止まっちゃったから、もう終わりだと思って、ノートの残ったバッテリでこんなアプリつくってみたんだ。ほら、見て、菜摘子。なでこかわいいボタンっていうんだ。このボタンを押すと『なでこかわいい』ってツイートが自動的に送信されるアプリだ。ほら・・・ツイートされたでしょ」

「先輩!あと1ヶ月でプロコンなんですっ!遊んでないでちゃんとアルゴリズム実装してくれなきゃ困ります!」

「うう・・・3次元は害悪!」

 

菜摘子は琉球高専の3年生。ICT研究会の部長をしている。プロコンを1ヶ月後に控えここ最近気が立っている。変人が多いと言われる高専の中でもICT研究会はとびきり変なのが集まっている。

 

電気代を払わず電気を止められても全くこりない、くま。4年生。

プログラミングをする部活なのにいつもジャグリングをしているゴヤ。3年生。

マニアックな技術にのめり込むにゃお。目下、ショートコーディングに夢中。3年生。

ブレッドボードに電子部品をのっけていつも楽しそうな、まるさ。さっきも抵抗から煙を出していた。3年生。

数学が得意でアルゴリズムの勉強に余念が無い、まさよし。定期試験の半数の科目で100点をとっている。2年生。

こんなやつらをまとめ上げないとプロコンに出品するシステムが完成しない。

彼らの他は、入部したばかりの1年生である。1年生にはプログラミングの基礎の実習をさせている。今は10人ぐらいいる1年生だが半年後に2人残っていたらいいほうだ。

 

「菜摘子の声はいつも大きいなあ。廊下まで聞こえてたよ」

M教授がのっそりと部室に入ってきた。

「きょうじゅっ!こいつら何とかしてくださいよ。全然開発が進まないんです」

「そうそう菜摘子。忘れてたんだけど、プロコン事務局に提出しなきゃいけない書類があってね。至急書いてくれるかなあ」

「あ、いいですけど、いつまでですか?」

「それが・・・あの・・・悪いんだけど、今日の5時まで・・・」

「えっ、今4時じゃないですか。あと1時間・・・。この書類いったいいつ教授のところに来たんですか?」

「えっ・・・1ヶ月ほど前・・・」

「教授!急いで書いて、メールで送りますから研究室で待っていてください」

「いつも悪いね菜摘子」

 

「ほんっとに教授も含めてどいつもこいつも使えないヤツばっかり」

菜摘子はぶつぶついいながら、キーボードを猛烈な勢いでタイプし始めた。

 

(続く)